四国FC会(会長:幾島賢治)2004年4月2日に設立され、愛媛県で活躍する産官学の組織を基軸に事業化を目的として異業種交流を行っています。現在、参加組織は30以上となり、国内、更には米国、台湾、中東等からの参加もあります。異業種間の技術交流および情報交換等が孵化し、多くの新規事業が発芽し、新規事業の大輪の花が開花しています。更なる開花も期待されています。 お問い合わせメール information@ih-tec.com Shikoku FC society (Chairman:Dr.Kenji Ikushima) is established on April 2, 2004.This society performs cross-industrial association for the purpose of industrialization in a key in a Japanese company, a university, organization of the government office. Now association organizations become more than 30, and, besides, there is the participation from the United States, Taiwan, the Middle East now the country, too. The technology exchanges between new businesses and information exchange hatch, and many new businesses germinate, and the large essence of the new business flowers. The further flowering is expected, too. Inquiry email :information@ih-tec.com
日本化学会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 「R&D 懇話会 199回」細胞制御技術を活用した再生医療の  新展開 ◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会期:2018年 6月 1日(金)
会場:日本化学会 化学会館
趣旨:世界をリードする国内の再生医療技術の進展は,様々な治療分野への応用が進められております。本企画では,安全かつ高度
な再生医療を実現するうえで欠かせない,細胞の観察・評価・選別・制御など再生医療に関わる最先端技術開発についてご講演い
ただきます。
講師:齊藤 博英 氏(京大),清田 泰次郎 氏(ニコン)
詳細:http://www.chemistry.or.jp/event/calendar/2018/06/rd199.html
申込:https://event.csj.jp/form/view.php?id=316113

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 化学技術基礎講座 ◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業の若手研究者、あるいはもう一度基礎から勉強をしたいという中堅技術者および研究者、将来化学産業に身を置くことを考えている学生を対象とする、業務・製品開発に役立つ基礎技術を習得するための短期集中セミナーです。

・今年度の実施講座は次の5コースです。
 「高分子」、「電子材料」、「有機合成」、
 「高分子キャラクタリゼーション」、「化学工学」
日程等決まり次第以下のページでご案内します。
http://www.chemistry.or.jp/event/sangakuEvent/index.html#ev_bs

・申込受付中講座
高分子化学−高分子の基礎から応用・加工までー(6/28-29)
  http://www.chemistry.or.jp/event/calendar/2018/02/post-406.html

電子部品・材料の物性化学―最先端産業を支える電子・光学材料開発に  必須の基礎をマスターしよう―(7/26-27)
  http://www.chemistry.or.jp/event/calendar/2018/02/post-407.html

  化学技術基礎講座 製品開発に必要な有機合成化学の基礎
  http://www.chemistry.or.jp/event/calendar/2018/04/post-415.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 「化学の日」缶バッジデザイン募集◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本化学会では多くの皆さまに「化学の日」に参加していただくことを目的に、2018年度も「化学の日缶バッジ」のデザインを募集することになりました。ふるってご応募ください。
 締切:2018年5月25日(金)
 賞:最優秀賞(1点)3万円(缶バッジとして採用)
優秀賞(1点)1万円
小・中・高校生特別賞(3点)5千円分の図書券
 詳細:www.chemistry.or.jp/news/information/2018-badge.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 化学安全スクーリング2018
―化学実験室における安全管理指導者の養成― ◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
化学実験に関わる安全と衛生に関して総合的に学ぶ講習会です。
受講者からの具体的質問・ケーススタディによるディスカッションを交えた、能動的なスクーリングとしてご活用いただけます。
今年のトピックス講義は「静電気危険性の理解と事故防止対策」です。
主催:日本化学会 環境安全推進委員会 防災小委員会
2018年8月8日・9日(火)、化学会館にて開催
詳細:http://www.chemistry.or.jp/event/calendar/2018/03/anzenschool2018.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 第11回環境教育講演会〜食と環境の現在・未来〜 ◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食と環境との関わりについて最前線の研究や取り組みを多角的な視点でご紹介し、現在の課題に迫るとともに、未来を展望します。
対象:初中等教育現場で環境教育を担う教員,環境問題に取り組む企業技術者・研究者,環境問題の最新情報を求める一般社会人,環境問題の全体像把握を目指す学生・生徒など。
2018年8月3日(金) 13時〜17時25分、化学会館(神田駿河台)
参加費:無料。希望者には別途資料を有料配布(1,000円)
詳細:https://goo.gl/UC6bou

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 化学遺産:第10回「日本化学会化学遺産」認定候補ご推薦のお願い◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
化学遺産委員会では、平成30年度(第10回)認定候補についても前回同様に,本会会員諸氏のみならず会員以外の方々からもご推薦いただくことにいたしました。ふるってご推薦下さいますようお願い申し上げます。 第10回化学遺産として認定された当該関係先に対しては,明春3月開催予定の第99春季年会会期中の表彰式において日本化学会会長名で「化学遺産認定証」を贈呈いたします。

※これまでの認定件数 46件

詳細:http://www.chemistry.or.jp/news/information/10-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ 支部・部会等からのお知らせ ◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■界面コロイドラーニング
第34回現代コロイド・界面化学基礎講座@大阪
主催:コロイドおよび界面化学部会
2018/06/14・15、ドーンセンターにて開催。
詳細:https://colloid.csj.jp/201802/2018basic_tokyo_osaka/
予約:https://event.csj.jp/form/view.php?id=192743

カテゴリ:- | 15:28 | - | - | -
技術サロン(女子学生および社会人女性向け懇話会)

男女共同参画推進員会主催の「技術サロン(女子学生および社会人女性向け懇話会)」のご案内です。
技術者を目指している女子学生や女性にご案内くださいますよう、よろしくお願いいたします。

第38回 技術サロン
1.日時:平成30年 6月 16日(土)13:00〜16:00
2.場所:機械振興会館 2F 日本技術士会 211会議室
     ※第37回からこちらの会場になりました。
3.対象:技術者及び技術士を目指す女子学生・女性社会人
4.内容:「技術士」資格に関する説明及び、技術系女子としてのキャリアアップなどに関する懇話会
 (参考)
  第38回技術サロンの案内
   https://www.engineer.or.jp/c_cmt/danjyo/topics/005/attached/attach_5720_1.pdf
  これまでの技術サロン活動実績・技術サロン報告書等
   https://www.engineer.or.jp/c_cmt/danjyo/categories/index575605.html
5.参加費:無料
6.定員:15名
7.申込先:平塚  wpetf@engineer.or.jp (受付専用アドレス)
    ※ お申込み頂いた方には wpetfsalon@gmail.com から返信いたします。
   (WEB申込:https://www.engineer.or.jp/ippan/dmsw0211.php
    →「技術サロン」で検索し、本行事にお申込み下さい。

                           以上

カテゴリ:- | 12:03 | - | - | -
IHテクノロジー蠅脇本製のシェール掘削薬剤の販売を米国で開始

IHテクノロジー蠅脇本製のシェール掘削薬剤の販売を米国で開始
http:www.ih-tec.com


IHテクノロジー蠅4年間に渡り、シェールガス・オイルの価格動向を注視しながら、シェール掘削薬剤の市場調査及び国際展示会への出展等を実施している。
これらの状況を踏まえ、平成30年5月21日から、ニューヨーク事務所を拠点にして、米国南部のヒューストンスで大々的にシェール掘削薬剤の販売事業を展開する。

 

in the United States

For four years, IH Technology focused on price trends of shale gas and oil, conducted market research on shale drilling chemicals and the chemicals of IH Technology exhibited at 2014 SPE international exhibitions.
Based on these findings, from May 21, 2018, New York office of IH Technology will start selling Japanese shale drilling chemicals in Houston.

 

カテゴリ:- | 20:56 | - | - | -
| 1/265PAGES | >>