四国FC会(会長:幾島賢治)2004年4月2日に設立され、愛媛県で活躍する産官学の組織を基軸に事業化を目的として異業種交流を行っています。現在、参加組織は30以上となり、国内、更には米国、台湾、中東等からの参加もあります。異業種間の技術交流および情報交換等が孵化し、多くの新規事業が発芽し、新規事業の大輪の花が開花しています。更なる開花も期待されています。 お問い合わせメール information@ih-tec.com Shikoku FC society (Chairman:Dr.Kenji Ikushima) is established on April 2, 2004.This society performs cross-industrial association for the purpose of industrialization in a key in a Japanese company, a university, organization of the government office. Now association organizations become more than 30, and, besides, there is the participation from the United States, Taiwan, the Middle East now the country, too. The technology exchanges between new businesses and information exchange hatch, and many new businesses germinate, and the large essence of the new business flowers. The further flowering is expected, too. Inquiry email :information@ih-tec.com
熊本大会(第50回石油・石油化学討論会)発表募集

◇ 熊本大会(第50回石油・石油化学討論会)発表募集


本年度秋季大会は下記の日程にて熊本で開催いたします。熊本大会では、特別講演、市民講座の開催や部会およびJPIJSの協力のもと、セッションやシンポジウムが企画されています。多くの方からの発表申し込み、ご参加をお待ちしています。
なお新型コロナウイルスの感染動向により開催形態や発表方法が通常とは異なる場合がありますことをご承知おきください。
発表募集期間 2020年5月27日(水)13:00〜6月17日(水)23:45
会 期 2020年11月12日(木),13日(金)
会 場 熊本城ホール (熊本県熊本市中央区桜町3番40号)
https://www.sekiyu-gakkai.or.jp/jp/gyouji/20201112pre.html

カテゴリ:- | 13:27 | - | - | -
明日のエコより今日のエコ

明日のエコより今日のエコ

 

財部明郎(たからべ あきら)

タカギチ事務所(財部 技術士・中小企業診断士事務所)所長

 

 

石油をとりまく最近の気になる技術9

米国市販自動車の燃料経済性

(燃料経済性ガイド2020より)

 

自動車を買うとき、皆さんはどのような基準で選んでいるでしょうか。日本にはさまざまな自動車メーカーがあり、様々な車種があります。さらに外国から輸入される車もあります。選択肢が多いことは良いことですが、その中から自分にとって最適な車種を選択するとなると非常に迷ってしまいます。

選ぶ基準は人によって様々でしょう。価格、燃費、運転しやすさ、スタイル、色、最新技術か信頼性の高い技術か、アフターサービスのよさ等々。特に近年は燃料消費量や温室効果ガスの排出量も考慮の対象になってきていますが、これらの項目は一般の人には比較が難しいと思います。

米国エネルギー省(DOE)は日本でいえば資源エネルギー庁、米国環境保護庁(EPA)は環境省にあたるお堅い役所ですが、この二つの役所が共同で毎年、自動車購入者がニーズに合った最も燃費の良い車両を選択できるように、燃料経済性ガイド(Fuel Economy Guide)という燃料経済性ガイドブックを毎年発行しています。このガイドブックを見れば、全米で売られているほとんどの車種について燃料1ガロン当たりの走行距離や年間に負担すべき燃料費、さらに温室効果ガス(GHG)の排出強度についても知ることができます。

さらに、www.fueleconomy.govにアクセスして、メーカーや1ガロンあたりの走行距離、シリンダー数、燃料のタイプなどの条件を入力すると、該当する車種をリストアップして、その燃費や年間燃料費を表示するなど、購入車種を判断するときに有用となる様々なデータを入手することができます。

今回は、燃料経済ガイド2020年版(https://www.fueleconomy.gov/feg/pdfs/guides/FEG2020.pdfからその概要について紹介します。

 

1.燃料経済性ガイドの見方

この燃料経済性ガイドは一般消費者向けのため、あまり技術的に高度な内容は含んでいませんが、米国の自動車事情を知るうえで有効だと思われます。

この燃料経済性ガイドの対象となる車種は米国で売られているほとんどすべての車種を網羅しており、すべての車両の評価値は、標準化された条件下での実験室試験に基づいて作成されています。

 

この燃料経済性ガイドでは、表―1のような形で各車種の評価値が示されています。

 

表―1 燃料経済性ガイドのページの例

 

 

各項目の意味は以下のとおりです。

 

(1)MPGmile per gallon

まず、左端には自動車メーカーと車種が示されています。その次MPGには燃料1ガロンあたりの走行距離(マイル単位)がCombCityHwyに分けて表示されています。

 

  • City」は 市内走行を表す値です。車両は一晩中駐車され、エンジンの冷えた状態から午前中に始動されたあと、比較的頻繁なストップアンドゴーを繰り返して運転される状態をシミュレートしています。
  • Hwy」は地方走行と高速道路走行の組み合わせの値を示すもので、ウォーミングアップから渋滞のない自由に走行できる長い距離の走行をシミュレートしています。
  • Comb」は市内走行55%と高速道路の走行45%の組み合わせを表す値です。

 

(2)Annual Fuel Cost

Annual Fuel Costには一般家庭が年間に負担する燃料代が示されています。この燃料経済性ガイドでは、一般家庭では年間15,000マイル(都市部走行55 高速道路走行45%)走行すると仮定して、燃料代が計算されています。この計算に使われた燃料価格は、1ガロンあたり、レギュラー無鉛ガソリンが2.54ドル、ミッドグレード無鉛ガソリンが2.96ドル、プレミアムガソリンが3.20ドルで、年間燃料費は50ドル単位で切り上げて表示されています。

この値は、車両のクラスや車種によって異なりますが、ガソリン車の場合、図―1で示すように最小値が450ドル、最大値は4,350ドルの範囲になっています。

 

 

図―1 各車両タイプ毎の年間燃料費の範囲

 

なお、米国の平均的な世帯は、総支出のうち約5分の1を交通機関に費やしており、これは住宅関連支出に次いで2番目に高いカテゴリとなっています。この燃料経済性ガイドでは、同じクラスでも燃費の良い車種を選択することにより、毎年最大1,000ドル(またはそれ以上)の燃料コストを節約できるとしています。

 

(3)GHG Rating

GHG Ratingは温室効果ガスの排出量についてはランク付けしたもので、車両ごとに1(最悪)から10(最良)の評価がつけられています。

ちなみに、米国の温室効果ガス排出量の約24%(16億トン)が車両からの排出で、1車両あたり、毎年69トンのGHGが放出されています。 また、例えばガロンあたりの走行距離20マイルの車両から25 マイルの車両に切り替えると、GHG排出量を年間1.7トン削減できるとしています。

 

 

図―2 車両の燃費(MPG)と年間GHG排出量(ガソリン車)の関係

 

GHG排出量には車両排気管から排出される量と上流部門で排出される量が含まれる

 

(4)Note

Noteにはその車両で採用されている、主に燃費向上のための技術の種類が記載されています。この内容の一部は2.2項で説明しています。

 

つづいて、この燃料経済性ガイドに示された米国における車両の現状について、紹介します。

 

2.ガソリン車

2.1 燃料

米国で販売されているガソリンのほとんどに最大10%のエタノールが含まれています(E10といいます)。これは、オクタン価を上げるためや、大気汚染防止等のために連邦政府で定められた再生可能燃料基準を満たすことを目的としてます。さらにEPAは、2011年から2001年モデル以降のガソリン車に対してエタノールを15%まで含有するガソリン(E15)の使用を許可しています。

エタノールの含有エネルギーはガソリンの3分の1程度しかなく、そのため1ガロン当たりの走行距離は、100%ガソリンよりもE103%から4%、E154%から5%少なくなります。

 E10は全米のどこでも購入可能ですが、E15は現在、米国の約1,800か所の給油所でしか販売されていません。

 

2.2 燃費のリーダー

クラスごとに燃費が最も良い車両を表―2に示します。この表ではプラグインハイブリット(PHEV)と全電気自動車(EV)は含んでいません。ちなみにコンパクトカー以上のサイズではハイブリッド車(HEV)が上位を占めていることが分かります。

 

表―2 ガソリン車のクラス別燃料経済性トップ車種

クラス

メーカー

車種

年間燃料費

GHGレート

備考

ツーシーター

フィアット

124スパイダー

$1,600

7

P T

ミニコンパクト

ミニ

クーパーコンパチブル

$1,550

7

P T SS

サブコンパクト

シボレー

スパーク

$1,150

7

 

コンパクト

トヨタ

カローラハイブリッド

$750

10

HEV SS

ミッドサイズ

トヨタ

プリウスECO

$700

10

HEV SS

ラージサイズ

ヒュンダイ

アイオニクブルー

$650

10

HEV SS

ステーションワゴン(小型)

キア

ニロ

$800

10

HEV SS

ステーションワゴン(中型)

ボルボ

V90 FWD

$1,800

5

PRT SS

P:プレミアムガソリン推奨

PR:プレミアムガソリンのみ使用

T:ターボチャージャー搭載

SS:アイドリングストップ機構付き

HEV:ハイブリッド車

 

2.3 燃費改善のための技術

(1)ハイブリッド車(HEV

ブレーキング中に無駄になるエネルギーを電気に変換してバッテリーに保管し、加速時や登坂時および内燃機関の効率が最も低い低速で、電動モーターによりエンジンをアシストしするシステムです。

効率は、バッテリーと電気モーターのサイズにより、ハイブリッドモデルにより、大きく異なります。HEVには「フル」と「マイルド」があります。

「フル」(または「ストロング」)ハイブリッドは大型のバッテリーと電気モーターを備えており、電気モーターだけで短距離走行することもできます。

「マイルド」ハイブリッドは、より小さなバッテリーと電気モーターを備えたシステムで、燃費改善は「フル」ほど大きくなりません。

 

(2)アイドリングストップ(SS

「スタートストップ」、「スマートスタート」、または他のメーカー固有の名前で呼ばれることもあります。車両が停止したときにエンジンを停止し、アクセルを踏み込んだときに自動的に始動して燃料を節約します。

このシステムによって、燃費を最大5%向上させることができ、特にストップアンドゴーが頻発する市街地走行など、エンジンがアイドリング状態になる場合に大きなメリットが発生します。これらのシステムは現在、すべてのハイブリッド車に装備されており、そのほか多くの従来型車両モデルで利用可能です。

 

(3)シリンダー非アクティブ化

エンジンに対する負荷によってエンジンシリンダーの一部を止めたり、また動かしたりする技術です。これにより、8気筒または6気筒エンジンが一時的に、より効率的な4気筒または3気筒エンジンに変わることができ、これによって燃費を向上させることができます。

 

(4)ターボチャージャー(T

小型のコンプレッサーによって燃焼用の空気をシリンダーに供給してエンジン効率を高める装置です。例えば8気筒エンジンを同じ出力のターボチャージャー付き6気筒エンジンに、あるいは6気筒エンジンをターボチャージャー付き4気筒エンジンと交換するすることができ、これによって燃料を節約することができます。

 

(5)先進的トランスミッション

ギアシフトを電子制御によって最適化するシステムです。 6速、7速、8速のオートマチックトランスミッションが最も一般的です。連続可変トランスミッション(CVT)は、無数の「ギア」を継ぎ目なく変更できます。エンジンが最も効率的なギアを適時選択することによって燃費を改善します。

 

(6)空力特性の改善

ガソリン車に限りませんが、空力抵抗(風の抵抗)を減らすことによって、特に高速での燃費が向上します。多くのメーカーは、車両形状を改良したり、速度よって外形部品を動かしたりすることによって空力性能を向上させています。

 

(7)車両軽量化

これもガソリン車に限りませんが、車両の重量を減らすと燃費が向上するため、メーカーは、性能と安全性を維持しながら重量を減らすように部品の選択や車両の設計を行っています。たとえば、スチールボディをアルミニウムなどの軽量材料で作られたボディに交換することによって軽量化が図られます。

 

3.エタノールフレキシブル車

3.1 エタノールフレキシブル車の概要

E85(またはフレックス燃料)は、エタノール85%含むガソリンという意味ですが、実際には季節や地理的位置に応じてエタノールの混合割合は51%〜83%の範囲で変更されます。

エタノールフレキシブル燃料車(FFV)はこのE85 を使うことのできる自動車ですが、E85だけでなく、ドライバーは、ガソリン、E85、またはその2つの混合物を自由に選択して使うことができます。

FFVは数社の自動車メーカーによって提供されており、またE85は米国の3,300か所以上のガソリンスタンドで販売されています。E85のガロンあたり平均燃料コストは2.31ドルで、燃料経済性ガイドには一般のドライバーが年間15,000マイル(都市部55%、高速道路45%)を走ると仮定して、年間の燃料費が表示しています。

ただし、エタノールの価格は地域によって大きく異なり、一般に、米国中西部では安く、他の地域では高くなります。

エタノールはエネルギー密度がガソリンより低いので、通常のガソリン(米国では約10%のエタノールを含む)と比較して、燃費が15%〜27%低下します。ただし、ガソリンからE85に切り替えてもドライバーはパフォーマンスの低下に気付かないようにFFVは設計されています。

 

3.2 燃料経済性ガイドに記載されているエタノールフレキシブル車

燃料経済性ガイドにはFFVのメーカーとして、シボレー、GMC、フォードの3社が挙げられており、車種としてはラージサイズ1車種、ピックアップトラック8車種、バン2車種。その他に特殊用途車2車種とスポーツユーティリティ車4車種がリストアップされています。

FFVの年間燃料消費量はガソリンを使用した時がE85を使用したときよりも少なく、これはそれぞれの燃料の持つエネルギーの差によるものです。また、年間の燃料費もガソリン使用時の方がE85を使ったときの方が少なくなっています。しかしながら、この燃料費はE85の販売価格によって逆転することもあるでしょう。ドライバーはE85とガソリンの販売価格を見ながら燃料を選択することになります。

一方、温室効果ガス(GHG)の排出量については、当然ながらE85の方が低く、燃料経済性ガイドのGHGレートについては、E85使用時の方がガソリン使用時より1程度高くなっています。

 

4.ディーゼル車

ディーゼル燃料にはガソリンよりもガロンあたり約10%〜15%多くのエネルギーが含まれているため、燃料経済性ガイドではガソリン車(ハイブリッド車を除く)よりもガロン当たりの走行距離(MPG)がやや大きくなっています。

さらに、最近のディーゼルエンジン技術の新しい進歩によってパフォーマンスが向上し、エンジンノイズと燃料臭が減少し、有害な大気汚染物質の排出量が減少しています。

ディーゼル車の燃料には一般に軽油が使われますが、一部ではバイオディーゼルが使われています。バイオディーゼルは植物油(一部動物油使用)をメチルエステル化した燃料で、米国のすべての自動車メーカーは、すべてのディーゼルエンジンで軽油に5%までのバイオディーゼルを混合した燃料(B5)の使用を認めています。さらに一部のメーカーでは最近の年式車両でバイオディーゼルを20%含む燃料(B20)の使用を承認しています。

現在、B20は全米200か所近くの給油所で販売しています。

 

5.プラグインハイブリッド車

5.1 プラグインハイブリッド車の技術

プラグインハイブリッド車(PHEV)は、コンセントまたは充電ステーションに接続することで蓄電池に充電できるハイブリッド車です。

 

(1)シリーズ型PHEV

拡張電気自動車とも呼ばれます。自動車は電気モーターだけで駆動され、ガソリンエンジンは発電のみに使用されます。この車種は通常はバッテリーのみで走行し、バッテリーに蓄えられた電力が不足すると、ガソリンエンジンが作動してバッテリーに充電します。短距離の移動には電気のみが使われガソリンエンジンは使用されません。

 

(2)パラレル型PHEV

混合型PHEVとも呼ばれます。ガソリンエンジンと電気モーターの両方が機械的に車輪に接続されており、車両は、電気のみ、あるいはガソリンのみを使用して駆動され、大きな出力が必要なときは電気とエンジンの両方が車両を推進します。

 

プラグインハイブリッドは、従来のハイブリッドよりもガソリンの使用量が少なく、燃料費も少なくて済みますが、購入コストが高くなります。

 

5.2 燃料経済性ガイドに記載されているプラグインハイブリッド車

燃料経済性ガイドでは、PHEVのメーカーとしてBMW、カルマ、ボルボ、フォード、ホンダ、ヒュンダイ、キア、ミニ、トヨタ、アウディ、ポルシェ、クライスラー、三菱、スバル、ベントレー、ランドローバーの16社が挙げられており、車種としてはツーシーター1車種、サブコンパクト4車種、コンパクト3車種、ミッドサイズ8車種、ラージ8車種、ステーションワゴン2車種、ミニバン1車種、スポーツユーティリティ7車種がリストアップされています。

燃料1ガロン当たりの走行距離は当然ながらガソリン車と比較すると非常に高く、50マイルから100マイルを超えているものもあります。年間燃料費の最も低い車種はトヨタのプリウスプライムで、わずかに600ドルです。

PHEVGHGレートについては、多くの車種で最高値の10ですが7や8の車種もあります。

 

6.全電気自動車

6.1 全電気自動車の技術

全電気自動車(EV)は電力のみによって走行する自動車です。動力源として使われる電気モーターは、ガソリンエンジンに比べて静粛性に優れ、瞬時にトルクを上げることができるため、スムーズな加速が得られます。また、回生ブレーキを利用してエネルギーを貯蔵することができ、構造が簡単なのでメンテナンスも少なくて済みます。

しかしながら、現在のEVは同等のガソリン車やハイブリッド車よりも走行距離が短く、かつ、走行条件やエアコンの使用などによって影響を受けます。また、バッテリーを完全に再充電するには数時間かかる場合があり、80%容量までの「急速充電」でも30分かかります。

EVはガソリン車のように排気管からは汚染物質を放出しませんが、電気を生産する発電所で汚染物質を排出していることを考慮する必要があります。

EVは通常、大型バッテリーのコストが大きいので、同等の従来の車両やハイブリッド車よりも高価です。しかし、メーカーはコスト削減の努力を続けており、今後実用的で手頃な価格になっていくでしょう。

 

6.2 全電気自動車の充電方法

EVの充電のほとんどが家庭で行われていますが、全米に約22,000か所の公共充電ステーションがあり、ここで充電することもできます。

充電には3つの基本的なタイプがあります。

 

(1)レベル1:通常家庭で充電する方法で、120ボルトのコンセント(米国の家庭用電源は120ボルト)に接続します。特別な充電器やコンセントのタイプは必要ありませんが、最も遅い充電方法であり、1時間充電して走行できる距離は約25マイル程度です。ほとんどのEVおよびPHEVにはこのタイプの充電を可能にするコードが装備されています。

(2)レベル2 208240 Vで電力を供給し、1時間の充電で1020マイルの走行が可能となります。 ほとんどの公共充電施設はレベル2の充電器を装備しています。自宅にレベル2充電器を設置することも可能です。ほとんどの公共充電施設では、主要メーカーのすべての車両と互換性のある標準プラグタイプを使用していますが、テスラ社のEVは、他の車両では使用できない異なるタイプのプラグを使用します。

(3)高速充電:DC高速充電(fast)またはDC急速充電(rapid)とも呼ばれます。これは最速の充電方法で、6080マイル(またはそれ以上)の走行に必要な電力を20分で充電します。ただし、すべての車両が急速充電を受け入れられるわけではなく、また車種によって使用するプラグが異なっている場合があります。このタイプの充電設備は費用と電流の要件のため、家庭に設置することは困難です。

 

6.3 燃料経済性ガイドに記載されている全電気自動車

燃料経済性ガイドにはEVメーカーとして、BMW、ミニ、フォルクスワーゲン、ホンダ、ヒュンダイ、日産、テスラ、ポルシェ、シボレー、キア、BYD、ジャガーの12社が挙げられており、車種はサブコンパクト3車種、コンパクト1車種、ミッドサイズ12車種、ラージ5車種、ステーションワゴン3車種、スポーツユーティリティ12車種がリストアップされています。ちなみに、最もリストアップされている車種の多いメーカーはテスラ社で20車種に及びます。

電池はほとんどの車種でリチウムイオンが使われており、年間の燃料コストは450ドルから900ドルの間で、ガソリン車に比べて全般的に小さくなっています。GHGレートはすべての車種で最高値の10となっています。

 

7.燃料電池車

7.1 燃料電池技術の概要

燃料電池車(FCV)は、燃料電池によって水素の持つ化学エネルギーを電気エネルギーに転換し、この電気エネルギーで電気モーターを駆動して走行する自動車です。燃料電池は、内燃機関よりも効率が高く、排出物は水だけのため環境にも優しい車両です。(ただし、水素を製造するときに排出される汚染物質も考慮する必要があります)

現在、米国では限られた数のFCVが、主にカリフォルニア州の一部の地域でリースおよび販売されていますが、FCVが全国で大量販売および販売されるには、いくつかの課題を克服する必要があります。

 

7.2 燃料経済性ガイドに記載されている燃料電池車

燃料経済性ガイドにはFCVメーカーとして、トヨタ、ホンダ、ヒュンダイの3社が挙げられており、車種は4種類のみがリストアップされています。燃料電池のタイプはすべて固体高分子型であること以外、年間燃料費やGHGレートなどのデータが記載されていない車種が多い状況にあります。

 

8.最後に

燃料経済性ガイドは、消費者がどのような自動車を買うかの判断を行うときに役に立つ情報、特に省エネ性やGHG排出量などについて有用な情報を提供するために編集されたものですが、米国で販売されているほぼすべての車種を網羅しており、米国でどのような車が使われているかという観点からも興味深い情報が得られます。

この燃料経済性ガイドブックは毎年更新されているのでどのような車種が米国で売られているのか、あるいは注目されているのかの変遷をたどることができます。

例えば今回紹介した2020年版の燃料経済性ガイドと5年前の2015年版を比較してみると以下のようなことが分かりました。

まず、全電気自動車は2015年版では1119車種が掲載されているのに対し、2020年版では1336車種に増えています。プラグインハイブリッド車は1113車種だったものが1627車種に、燃料電池車は11車種だったものが34車種へといずれも増えています。

一方、エタノールフレキシブル車については、2015年版で1583車種も掲載されていましたが、2020年版では315車種まで激減しています。天然ガス車に至っては、2020年版では1車種も掲載されず、項目自体が削除されています。

また、ハイブリッド車は2015年版では独立した項目となっていましたが、2020年版ではガソリン車の中に含まれています。ハイブリッド車は特に項目を設けるまでもなく一般的な技術となったためでしょう。

今後も、この燃料経済性ガイドは米国の自動車事情を知る上で有益な情報を提供してくれるものと思われます。

 

 

 

カテゴリ:- | 14:12 | - | - | -
明日のエコより今日のエコ

明日のエコより今日のエコ

ドクター・イクシマの地球を救おう

 

愛媛大学客員教授(放送作家)

幾島 賢治

さあ、今月もお喋りを始めます。今回は昨年12月16日に福島県陸前高田市の復興の1本松を見てきましたので、その様子をお喋りします。筆者は9年前の東日本大震災の時は、都内で仕事をしていましたが、幸いなことに、事務所で一晩明かし、トイレや食事も確保できました。

1.東日本震災の概要

2011年3月11日(金)14時46分にマグニチュード 9.0、最大震度7の大地震が起こりました。東北地方を中心に2〜3分以上揺れました。地震につづいて大津波が起こり、15時過ぎから16時ごろにかけて、東日本の太平洋側の地域が大きな被害を受けました。津波の高さは9m以上といわれ、建物の5階まで浸水した地域もありました。死者は1万5897人の大災害となり、現在も5万1778人の方が仮設住宅などで暮らしています。
 東日本大震災は、地震そのものの影響に加えて、津波、火災、停電、福島第一原子力発電所の事故など、多岐にわたる被害をもたらした、大規模な複合災害の初めとのケースだといえます。

2.福島復興の現状

2-1 一本松

奇跡の図−1の一本松とは、岩手県陸前高田市気仙町高田松原跡地に立つの木のモニュメントです。太平洋につながる広田湾に面した高田松原は、350年にわたって植林され約7万本の松の木が茂り、陸中海岸国立公園(現三陸復興国立公園)や日本百景にも指定されていた景勝地でした。東北地方太平洋沖地震による津波の直撃を受け、ほとんどの松の木がなぎ倒されて壊滅しました。しかし、松原の西端近くに立っていた一本の木が津波に耐えて、立ったままの状態で残りました。

この地震と津波が陸前高田市のみならず広く東日本の太平洋沿岸地域一帯に甚大な被害をもたらした中にあって、この木は震災からの復興への希望を象徴するものとして捉えられています。「奇跡の一本松」や「希望の松」などと呼ばれるようになりました。

 

 

震災後、この木を保護する活動が続けられたものの、海水の塩分で根が腐り枯死と判断された。その後、震災からの復興を象徴するモニュメントとして残すことになり、幹を防腐処理し心棒を入れて補強したり枝葉を複製したものに付け替えたりするなどの保存作業を経て、元の場所に再び立てられています。

2-2 かもめの玉子

 

 

かもめの玉子のお菓子を紹介します。さいとう製菓(株)が製造している岩手県大船渡市郷土菓子で、白餡を薄いカステラ生地で包んで焼き上げ、全体をホワイトチョコでコーティングした卵型の菓子です。

 昭和25年ころ、齊藤菓子店の看板をかかげ、菓子作りを始めましたが、素人の私たちが、あたりまえの和菓子を作っていても、老舗の和菓子屋さんにはとても太刀打ちできない。そこで、何か店の特徴を出し、特色のある菓子を考え出さなければいけないと、知恵をしぼり、そして思いついたのが、観光みやげとしてのお菓子でした。

三陸の美しい海をもつ観光地大船渡の魅力は何だろうかと思案し、思い浮かんだのは、青い海原の上を颯爽(さっそう)と飛ぶカモメの姿でした。さっそく「鴎の玉子」(のち平成11年に「かもめの玉子」と改称)の商品化に取りかかり完成させました。とのお話を聞きました。

図―2 かもめの玉子

 

かもめの玉子は、品質の向上とおいしさを追及し、努力と工夫を繰り返しています。素材も厳選し、現在は、黄身あんの原料となる豆に北海道十勝産の大手亡、品のあるほどよい甘さを出すために白ザラメを使用しています。そして北東北で栽培されているキタカミ小麦の地粉本来の風味を生かした一本挽きの小麦粉と卵黄は地元のとりたてのものを使用しています。

かもめの玉子は平成2年から3年連続、ヨーロッパで最高の権威を誇る国際食品コンクールのモンドセレクションで、金メダルを受賞しました。図―3のかもめテラス店で販売しています。

その時、社長さんは国際的な大きな賞に輝くことは、名誉でありうれしいことです。でも、本当にうれしいこと、一番大切なことは、地元岩手のお客さま、そして日本のお客さまからいただく“金メダル”なのです。私たちはこれからも、皆様によろこばれる商品をつくっていきましょうと、決意を述べられています。

 

 

 

店名:本店かもめテラス

住所:岩手県大船渡市大船渡町字茶屋前7−31

3.まとめ  

かもめの玉子は美しく、美味しいです。皆さんご賞味あれ。筆者はまだまだ、復興には時間が掛かりそうと強く感じました。

末文ですが、速やかな復興を祈念しています。

以上にて今回のお喋りを終わります。明日のエコより今日のエコ、ドクター・イクシマの地球を救おう。それでは、また。以上

カテゴリ:- | 17:52 | - | - | -
| 1/288PAGES | >>